ESCAPE2

独自開発のLinuxデスクトップ やさしく使いやすいインターフェース

ESCAPE2はX Window System上で動作するオリジナルのGUI(グラフィカルユーザーインターフェース)です。
エンドユーザーが複雑な操作をすることなく簡単にアプリケーションを起動することができるよう設定。また特定業務に応じカスタマイズできる点が特徴です。アイコンなどはすべてオリジナルデザインを採用し、Linuxを初めて使うユーザーでもわかりやすいインターフェースとなっています。

エスケープ2の特徴

用途に合わせた設定

「ASPを利用したクライアント端末で必要な機能だけ表示させたい」「余計なアプリケーションを使わせない」などというカスタマイズにも簡単にお応えします。TOP画面に会社のロゴを入れることはもちろん、オリジナルアイコンやフレームデザイン、背景の変更など、その会社の目的にフィットしたデザインが可能です。

簡単な操作体系

1つのアクションを起こすための方法は1つだけというシンプルな考え方に基づいて開発しています。操作はシンプルで直感的。チャンネル(マルチ画面)間のアプリケーションの移動や切り替えも簡単に行えます。

代表的な機能

ドラッグ&ドロップで他のチャンネルにフレームを移動

左下のアイコン、
またはフレームのワープボタンを
ドラッグ&ドロップすることにより、
他のチャンネルに起動中の
アプリケーションを移動させることができます。

フレームの色を変更

フレームの色を変更

右上のカラーボタンを押すことにより、フレームの色を変更することができます。
diffなどで比較する際に意外と重宝します。

再起動しても設定を維持

ESCAPE2はチャンネルへのアプリケーションの割り当てから表示の位置などをすべて初期設定で指定できるので、万一フリーズした場合でも、再起動時にすべてもとの環境に戻すことができます。

ESCAPE2に関する詳細については、右のボタンからお問合せください。