Hydra

WEB帳票を、より簡単に、より早く Java帳票作成支援ツール

印字品質の高いPDFで業務帳票を作成するには?
帳票の設計~実装における生産性を高めるには?
トータルコストを削減するにはどのように?

本製品は、PDF形式の帳票を生成する際のレイアウトデザインを、より簡単に、より効率良く行うことのできる帳票開発者のためのツールです。

ハイドラの特徴

開発ライセンスフリー

開発ライセンス(帳票レイアウトデザイン)をフリーとしました。これにより多くの開発者が作業出来るようになり、生産性が大幅に向上します。

運用ライセンスがサーバー単位

運用ライセンス(帳票作成エンジン)は、CPU単位ではなく、サーバ単位となります。CPUライセンスと比較した場合、約1/2程度のコストでご提供出来るようになっています。
注)1サーバ:2CPUとした場合の計算です。

インストール不要な帳票設計ツール

帳票デザインは、JavaWebStartを経由し、実行しますので、別途専用プログラムのインストールは必要ありません。
注) 別途Java Runtime Editionが必要です。

各種出力様式に対応

様々な用紙サイズ、フォントや複雑なレイアウトにも柔軟に対応ができるため、一般的な業務帳票類からカタログ、ワークフローなど、幅広い用途で利用可能です。

ノンプログラミングの開発

レイアウトデザインだけではなく、Javaサーブレットプログラムも自動生成するため、基本的にプログラミングなしで帳票を実装することが可能です。

豊富なファンと(外字対応)

日本語フォントはもちろんのこと、英字フォントもHelvetivaやTimesRomanなどを用意しています。 又、指定されたフォントがサーバ実行環境上に無くても、クライアントPCに存在する場合は、そのフォントで表示することが可能です。

豊富なテンプレート

配送伝票のプレフォーマットから財務諸表に至るまで様々なフォーマットを用意しているため、1からデザインする必要がありません。

入力フフィールドの導入

Acrobat Reader上で入力可能なフィールド(テキスト及びチェックボックス)を定義すること出来ます。これによりエンドユーザがプリントアウトせず、直接PDF上に記入することが可能となります。

しおりの導入

ページ数の多い帳票では目的のページへ辿りつくまでに時間を要しますが、しおりを作成することが出来るため、瞬時に目的のページへたどり着くことができます。

独自エンジンによる高速PDF作成

高速な帳票作成環境を実現するため、新たに弊社独自開発のPDF作成エンジンを採用しています。

動作環境

開発者環境

OS WindowsNT4.0(SP5以上), Windows2000(SP2以上), WindwosXP(Home/Pro), MacOSX
JDK JDK1.4.2以降
PDF Acrobat Reader4.0以降
ブラウザ IE5.0以上

サーバー環境

OS Windows2000, Solalis8/9, Redhat8, TurboLinux
JDK J2EE1.3.1
DBMS 特に無し

エンドユーザー環境

OS Windows9x, WindowsNT4.0, Windows2000, WindwosXP(Home/Pro), MacOSX
PDF Acrobat Reader4.0以降
動作検証 以下のWebApplicationServerで動作検証を行っています。
・IBM WebSphere  ・SunOneApplicationServer7  ・Tomcat4

Hydraに関する詳細については、右のボタンからお問合せください。